テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

英単語の覚え方について反響がありましたので、もう少し深堀りします。

昨日書いた英単語の覚え方の記事

 

f:id:daiki_futagami:20191119153659j:image

 

結構反響があって、他の塾の先生もブログで取り上げてくださった。

 

 

▼赤穂市の個別指導塾Willbeの光庵塾長

https://willbe-ako.com/2019/11/19/eitango/

 

 

 

他の塾長先生も暗記法についてブログを書いています

 

▼岡山県岡山市の朝日高校受験専門進学塾サンライズの小崎塾長

https://sunrise-okayama.com/blog/?p=1801

 

京都の個別指導塾Soil塾長

https://soil19.com/jrenglishwordlerning

 

個太郎塾ふじみ野教室小島塾長

https://kotaro-fujimino.com/high-school/7346/

 

 

 

 

 

 

これだけ色々な先生が単語暗記法について書いている

 

ということは、

 

それだけ英単語の暗記に苦戦している生徒がいる

 

ということ。

 

少しでも多くの生徒の助けになりたいな

 

 

 

 

 

 

 

やはり、どの暗記法にも共通しているのは

 

単語との接触回数

 

なんだよね

 

 

 

 

 

冷静に考えてみれば

 

you(あなた)

 

が覚えられて

 

era や age が覚えられない訳がない

 

(どちらも時代という意味デス)

 

 

 

 

 

たまたま

 

「あなた」という意味の綴りが

 

"you" だったというだけ

 

たまたま

 

よく見るし、よく書くし、よく読む

 

というだけ

 

 

 

 

だから、なかなか覚えられない単語は

 

毎日単語帳を開く仕組みを作って

 

覚えているか確認をする

 

たったそれだけで頭に入る

 

 

 

 

覚え方は実はシンプルで

 

これをいかに

 

継続できるか、ですよ

 

継続だけが力なり

 

というやつですね

 

 

 

 

 

詳しくはこのやり方でやってみてね⇩

 

www.tesol-teacher.work