二神大輝(EIMEI予備校塾長)のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることが夢。旅行、料理、写真など趣味についても書いていきます。読みたい人だけ読んでね。

MENU

守備範囲が広いことの効用

_________________

300日後にパパになる夫の日記

夏に産まれてくる子どものために日々葛藤する二神の日記を連続記事としてnoteのマガジンにまとめています。ぜひご覧ください!

二神大輝の公式note

_________________

色んなことを知っている

 

色んなことをやったことがある

 

 

何が良いか

 

端的に「共感」の力がつくこと

 

または、共感されやすいということ

 

 

 

 

 

 

わかりやすい例として部活がある

 

おれは運動部も経験してるし

 

文化部(音楽)も経験してる

 

だからどちらの大変さもわかる

 

あるある話ができる

 

吹奏楽って、文化部じゃないよね〜ほぼ運動部だよね〜みたいな

 

 

 

 

 

やっぱり

 

共感しやすい人の方が

 

話が盛り上がるでしょ

 

生徒たちと心を通わせるためには

 

これが大事なのよ

 

 

 

 

 

あと

 

結婚して

 

夏には子どもが生まれる

 

これからは親になるから

 

保護者の方とより深くつながるためにも

 

夫婦関係や子育てについて

 

さらに深く学ぶよ

 

生活の中では

 

料理もする

 

掃除もする

 

洗濯もする

 

育児もする

 

仕事もする

 

 

 

 

 

おれはね

 

全部やる

 

もちろん

 

役割分担はするけどね

 

 

 

 

全部やってきて

 

全部について知ってると

 

色んな人の気持ちがわかる

 

そして

 

わかってる人の言葉の方が説得力がある

 

納得感がある

 

それは人に寄り添うために

 

人を理解するために

 

大切なことなんだよね

 

 

 

 

 

理解不足は想像力から来るけれど

 

そもそも

 

想像するために必要な「やってみた」という

 

経験のインプットが足りないといかん

 

と考えてるよ

 

だからみんな、まずはやってみよう

 

なんでもね

 

これが人を知ることに繋がるからさ