テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

MENU

決めるためには知識・情報が不可欠

_________________

公式LINE、はじめました^^

英語の学習法、英会話、留学などの情報を発信していきます♪ 登録はコチラから⬇

テソル先生の公式LINE

_________________

 

進路の決定に関して

 

いくら考えても前に進まないということがあります

 

そんな時は、決定のプロセスについて

 

見直してみるとよいかもしれません

 

 

 

 

 

 

基本的に

 

何かを決めるためには、必ず判断基準があります

 

朝起きてパンを食べるか、ご飯を食べるか

 

こういった一見どうでもいい選択ですら

 

選択ですから、基準があるのです

 

 

 

 

 

その基準というのは

 

どうしたいか?

 

なのです

 

 

 

 

文学部にいく→文学を学びたい

 

カフェにいく→珈琲をのみたい

 

買い物をする→食材を買いたい

 

この選択をするためには

 

文学を学べること

 

珈琲が飲めること

 

欲しい食材があること

 

がわかっていないとできません

 

 

 

 

 

だから

 

最初にあげた、文学部にいきたいというのも

 

なんで文学部にいきたいの?

 

そこで何を学びたいの?

 

どんな文学を研究したいの?

 

受けてみたい授業は?

 

どの教授の授業に興味があるの?

 

と深掘りした時

 

その情報がないと

 

曖昧なまま決めることになります

 

 

 

 

 

ですから

 

決められない時は

 

どんな情報がないから決められないのかに

 

注目してみると、何か気づきがあるかもしれませんね