二神大輝(EIMEI予備校塾長)のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることが夢。旅行、料理、写真など趣味についても書いていきます。読みたい人だけ読んでね。

MENU

好きには嫌いがあってこそ

_________________

300日後にパパになる夫の日記

夏に産まれてくる子どものために日々葛藤する二神の日記を連続記事としてnoteのマガジンにまとめています。ぜひご覧ください!

二神大輝の公式note

_________________

結婚するにあたっての決め手はたくさんあった

 

その一つに

 

喧嘩ができる人である

 

というものがある

 

喧嘩をすると、お互いむかつく

 

険悪なムードになる

 

ピリピリする

 

話さなくなる

 

嫌味を言う

 

こういうの、今まで付き合った人とは

 

あんまりなかったんだよね

 

おれが寛容になって、むかついても意見を言わないか

 

もしくは言われても謝ってその場で丸くおさめる

 

みたいなことをしていたのだと思う

 

でも、今は違くて

 

全然喧嘩する

 

 

むかついたら、むかついたって伝えるもんね

 

だから、たまにめっちゃ仲わるい

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

これってすごく大切なコミュニケーションなんだよね

 

本当に大切なら、やっぱり喧嘩する

 

家族ならなおさら

 

で、うぜ〜ってなるじゃん

 

こういうところ嫌いだ!ってなって

 

お互い感情をぶつけ合ったりするじゃん

 

これは長期的には絶対に良いこと

 

 

 

 

 

だって

 

ずっと好き、なんて

 

ありえないでしょ

 

嫌いな時はある

 

必ず

 

でも

 

嫌いな時に

 

自分のその気持ちを寛容できるかどうかが

 

良い関係を築き続けるために大事なんだ

 

 

 

 

 

相手を嫌う自分が嫌になって、それが許容量を超えると

 

それを相手のせいにして

 

関係が終わってしまう

 

 

 

 

 

好きという感情は

 

つまり嫌いをどれだけ内包できるか

 

と同義であるように感じる