テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

MENU

大学で英語を学びたいけどその後が見えない

_________________

公式LINE、はじめました^^

英語の学習法、英会話、留学などの情報を発信していきます♪ 登録はコチラから⬇

テソル先生の公式LINE

_________________

 

月イチアンケートへの回答です!

 

Q, 学びたいことは見つかってるけど(=英語)将来それを使って何がしたいのか全然見つからない

このままで大丈夫なのかなって思っちゃいます

 

 

A, この質問、すごく気持ちわかります

 

僕も同じようなタイプで、もともと先生になるために英語を学んでいましたが

 

それ以外の選択肢があるかというと

 

英語×○○

 

の、○○の部分はなかなか浮かびません

 

だから大学で何を学べばいいのか選びづらいですよね

 

 

 

 

 

そんな時は

 

面白そう、学んでみたい

 

と心から思えたものを学ぶのがいいと考えています

 

 

 

 

大学での英語の勉強といっても

 

本当に色々ありますから

 

そこを分解してみるといいですね

 

例えば

 

■英語「の」何を学びたいか
・音声学
・文法
・歴史

 

■英語「で」何を学びたいか
・文学
・コミュニケーション
・経済や法

 

などなど

 

 

 

 

 

個人的な話をすると

 

僕がかよっていた大学では

 

一年次に、

 

イギリスの文化、アメリカの文化、英語学を学び

 

年次が上がるにつれて

 

興味がある方面に徐々に進んでいく

 

という流れでした

 

僕は入学時には「教員免許がとれればそれでいお」くらいにしか考えていませんでしたが

 

学んでいくうちにイギリスの文学に興味をもち

 

シャーロット・ブロンテの”Jane Eyre”で卒論を書きました

 

 

 

 

 

何かを選ぶときには

 

「情報」が「選択のきっかけ」になります

 

まだ決めるのは難しい高1,2生ほど

 

大学のホームページなどをじっくり見てみると

 

何かしらの発見があるかもしれません