テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

学校が何もしてくれない、という相談

_________________

公式LINE、はじめました^^

英語の学習法、英会話、留学などの情報を発信していきます♪ 登録はコチラから⬇

テソル先生の公式LINE

_________________

大学受験が近づくにつれて

 

このような相談をいただく頻度が上がっていきます

 

ふと自分の受験期のことを思い出すと

 

私立だったけど、何もしてくれてなかったです笑

 

体育の先生が担任で

 

受験のことは全然話さなかったので

 

AOや公募推薦について無知のまま

 

大学入試を終えた1人でした

 

友人が「こうぼすいせんで決まった」

 

と話したのを聞いて

 

「ん?こうぼ?あぁ、彼は理系で菌の研究したいっていってたから、酵母推薦ってのがあるのか、面白いな」

 

なんてとんちんかんな推測をしていたくらいです

 

 

f:id:daiki_futagami:20200721144804j:image

 

 

個人の立場と、学校のシステムを考えた上で

 

僕が思うこととしては

 

大学入試は情報を集めるところから

 

すでに試験が始まっている

 

という認識でいます

 

 

 

 

昔と比べてもずいぶん複雑化していて

 

対策するにしても

 

推薦やAO、一般や共通テスト利用、検定利用など

 

複数の手段を検討した上で

 

どこの学部を目指していくのか

 

自分で考えるのはなかなか酷です

 

ですから

 

外部委託として

 

塾を活用するのがいいと

 

塾屋の立場としても思いますし

 

 

 

 

学校というシステム上

 

担任1人で40人の進路指導は物理的に不可能に近く

 

対応が薄まってしまうのは大きなシステムエラーで

 

かと言って

 

すぐに何とかなる訳でもない

 

 

 

 

となると

 

①自分で情報収集をする

 

②塾に頼る

 

の2択が主流ではあるかなと思います

 

今ならYouTubeやネット上に

 

情報がたくさんありますから

 

自分でなんとか調べるのは可能です

 

ただ、自分にぴったり当てはまるかというと

 

そこは難しいところでもあるので

 

僕たちがいるわけですね

 

 

 

 

 

 

保険屋さんや税金のシステムが複雑なように

 

今の入試のシステムは本当にごちゃごちゃしていて

 

日々情報を集めていかないとすぐに置いていかれてしまいます

 

それくらい

 

変化の激しい業界でもあるので

 

勉強を教えるだけの先生ではなく

 

世の中のことを日ごろから学んでいる先生に

 

指導してもらえるか、という軸が

 

今後より大事になってくるのかもしれません

 

 

 

 

 

それを視覚化しているのが

 

SNSだったりするので

 

このブログも読んでくださっている保護者の方々は

 

大変勉強熱心で、頭が下がります

 

 

 

 

 

 

有益な情報はもちろん

 

僕たちが大事にしていることを

 

日ごろから発信するツールとして

 

ブログを活用していけたらいいですね

 

 

 

 

 

本当はYouTubeとラジオ始めたいのですが

 

なかなか億劫で笑

 

ニーズあればやろうかな♪