テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

1,2年生 理社暗記グランプリ、実施にはもちろん意図があります

講習名物、暗記グランプリ

 

今年の冬は3学期の理社を先取りして学習しています


このグランプリを通して、点数アップに併せて、身につけてほしいことがあります

 

 

 

自分で説明を読んで理解し「わかる」ようにする

 

そしてその知識を使って問題を「やってみる」

 

丸がついたものは「できた」もの

 

そうでないものは「できなかった」もの

 

に分け、できなかったものができるようになるまで演習する

 

f:id:daiki_futagami:20200107220849j:image

 

 

言われてみると当たり前のことかもしれません

 

でも、この「わかる」➔「やってみる」➔「できた!」というステップ、塾に通っている生徒は先生に管理してもらっていると

 

「自分で」気がつくことが出来ない人もいます

 

ですから、こういった機会に

 

自分の力だけで理解して得点に結びつけることで

 

自信をつけてもらいたい

 

 

 

 

それだけでなく、

 

今後必ず必要になる「自分で学べる力」の土台をつくります

 

 

 

 

わからないことがあった時、「ねえねえ、これわからない」と人に聞くのではなく

 

説明書を読んだり、本を読んだり、Youtubeで調べたり、Googleで調べたり、目の前の問題をまずは自分でなんとかしようとする

 

そんな能動性にも相関していると僕は考えています

 

 

そのために、小中高生のうちに勉強のスタイルを確立しておくことが大切です

 

塾の役割は「学力をつけさせること」「成績を上げること」ですが、これは、教えたからそうなるとは限りません

 

むしろ、教えない

 

自分で考えられるように導く

 

そうしないと、自分で考えられない、自分だけでは行動しない子どもたちになってしまいますね

 

 

 

 

 

中国には『授人以魚 不如授人以漁』という言葉があります

 

「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし人に釣りを教えれば生涯食べていく事が出来る」

 

という意味です

 

老子が言ったとされる言葉ですが教育も同じです

 

「生徒に知識だけを与えると忘れてしまう。しかし生徒に学び方を教え、モチベートすれば、生涯学び続けていく事が出来る」

 

 

 

保護者の方から預かった大事な生徒たち

 

彼らの将来までしっかり見据えてみていこう

 

3学期もスタートダッシュを!

 

 

 

 

 

勉強に関して、いくつか記事を書きました!

併せてどうぞ^^

 

 

 

 

 

 

 

《宣伝》

noteを始めてみました^^
勉強法について、100冊以上の本を読んで学んだことのうちから、特に大事なことを厳選して6500文字超にまとめました。
 
個人の体験ではなく、誰でも出来るように落とし込んで、「なぜそうなるか?」科学の知見をもとに執筆しました。
 
学生はもとより、保護者、先生にとっても有益なものになるように書いています。
📚テソル先生@二神大輝のnote

note.com