テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

“努力の筋肉” がある

勉強で努力をしている人は多い

 

みんな頑張っている

 

だけど、結果が違うのはなぜか

 

 

f:id:daiki_futagami:20191219231349j:image

 

 

それは

 

一人ひとりの「努力」の基準が違うから

 

一人ひとりの目標が違うから

 

ただ

 

努力しているつもりでも

 

結果が出ないこともある

 

結果は点数で目に見えるけど

 

この努力は可視化しづらい

 

 

 

 

 

 

毎週、高校生を面談して

 

スケジュールをつくる

 

当日から逆算して

 

月別に

 

週別に

 

日別に

 

時間別に

 

今やるべきことを視覚化する

 

 

 

 

毎回やるべきことをこなせる人もいれば

 

こなすことができない人もいる

 

もちろん、課題をこなせるようになるのがいい

 

でも

 

「〜だから」

 

「でも〜」

 

「どうせ」

 

自分に言い訳して、できるものをやらない

 

そんな自分がいるんじゃないかな

 

 

 

 

 

 

自分の実力100%以上

 

たったの0.1%でもいいから

 

毎日毎日更新する

 

この、限界を超える努力のことを

 

努力の筋肉

 

と呼んでいる

 

 

 

 

みんな、本当はもっとやれるはず

 

それを、伝えていく