テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

【AIと教育】未来の教育の形はどう変わっていくのか その①

ビッグデータ、ディープラーニング、AIという言葉が広まって数年が経ちました。

 

教育業界的にはアクティブラーニング並に

 

中身も理解せずに飛び交うので

 

もはやキラキラワード化している側面もありますが

 

 

AIに仕事が奪われる?

 

人間にしか出来ない仕事は?

 

人間に求められることは?

 

 

と、未来に対して不安になってしまう人も少なくないと思うんです

 

 

f:id:daiki_futagami:20191202152918p:plain

 

 

2013年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン準教授が論文の中で

 

「10~20年以内に労働人口の47%が機械に代替されるリスクがある」

 

と発表し話題になりました

 

 

ただしこれは

・米国の雇用について

・新しい雇用について留意していない

・技術点においての可能性

 

である上、すでに多くの論文で否定されている内容です

 

www.itmedia.co.jp

 

 

 

、話題性のみを切り取ったメディアによって、

 

人工知能による雇用への影響におびえる層は一定数いる

 

 

 

 

 

では、大きな話、国の基盤である「教育」は

 

これからの時代に合わせてどのように変わっていくのか

 

今の教育者たちがどのようにして時代に適応していくのか

 

AIと教育はどう紐付いていくのか

 

少しずつ考察してみる

 

 

 

 

 

そもそもAIにできることって?

 

前述したように、AIと聞くだけで「なんだか怖いよね~」と思ってしまう人もいるかも知れませんが、安心してください

 

テクノロジーによって、今まで人間がやっていたことを代わりにやってくれるようになる、とイメージしてみましょう

 

身近な例だと、

【昔】洗濯は川でごしごし

【今】洗濯機がやってくれる

 

これと原理は同じで

 

【今】人が車を運転している

【未来】AIが車を運転してくれる

 

のように、今の常識がアップデートされるわけです

 

 

 

 

 

今は「人間が」当たり前にやっていることを

 

将来は「AIが」やってくれる

 

そう思うと少しワクワクしませんか?

 

 

 

 

専門家の中には

 

仕事までもがAIが代替してくれる

 

「超暇社会」が来ると提唱している人もいますね

 

 

それでは今日はこのあたりで

 

 

--------To be continued--------

 

次回:人間の機能を代替する”AI”~目、耳、そして次は■■へ~