テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

アートな社会になってゆく〜時代を「前に進める」から「創る」へ〜

_________________

公式LINE、はじめました^^

英語の学習法、英会話、留学などの情報を発信していきます♪ 登録はコチラから⬇

テソル先生の公式LINE

_________________

この記事でも書いたように

 

世の中はどんどん便利になって、1番役に立つもので埋め尽くされます

 

どれもこれも質が担保されていると、そこで差がつきません

 

ハサミ1つとっても

 

100均のだろうが、500円のだろうが、切れ味は大して変わらないように

 

どこでも良いものがでに入るようになります

 

 

 

 

すると、意味があるものが求められます

 

特に人は顕著

 

完璧じゃないけど、なんか好きな人

 

いませんか?

 

これをキンコン西野さんは”キャラ経済”という言葉で説明していて

 

うまい表現だなと思います

 

 

 

 

 

で、

 

これがどんどん進んでいくと

 

世の中はアートになっていくと思っていて

 

世界を前に進めるのは、人よりもAIが得意になる時代がきっとやってきます

 

すると

 

Aさんがつくる巾着

 

Bさんが歌う歌

 

Cさんが語る物語

 

Dさんが紡ぐ詩

 

Eさんが描く絵

 

など

 

アートの領域が求められるようになる

 

ピラミッドをはじめとして、現代人からみても

 

それどうやって作ったん!!???

 

どんだけ時間かけたらそこまでいくの????

 

みたいなものありますよね

 

 

 

文化的に今のほうが優れているとは必ずしも言えないのは

 

個が時代を【進める】作る方向に力を使うのか

 

個が時代を【創る】方向に力を使うのか

 

という時代性が関係しています

 

 

 

 

 

これから先は、AIが時代を先に勧めてくれるので、

 

個がより時代を創る方向に力を入れ始めるのではないでしょうか

 

その象徴として

 

ディズニーを超えるを掲げる

 

キンコン西野さん

 

えんとつ街のプペル

 

大注目です

 

f:id:daiki_futagami:20200224145617j:image