テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

「英語が話せる」は状態であってゴールがあるものではない

 

英語が話せるようになりたい

 

よく相談を受けます

 

 

どうなったら「英語が話せる」と言えるのか

 

明確に答えられる人はあまりいないのです

 

 

 

f:id:daiki_futagami:20200914160443j:image

 

 

 

TOEFLで100点を超えたら?

 

IELTSで8.0を超えたら

 

いやいや、

 

話せること、にゴールはありません

 

 

 

 

 

 

 

日本語だってそう

 

子どもは3歳くらいになればそこそこ話せます

 

これも「話せてる」ことになります

 

大人が普通に会話しているのも

 

「話せてる」ことになりますね

 

 

 

 

 

このあたりを議論しだすと

 

もう泥沼です

 

 

 

 

 

 

 

だから逆を考える

 

どうやったら

 

「話せていない」ことになるのか

 

話せていないとはつまり

 

意思の疎通がとれない

 

①要は相手が言っていること理解できない

 

②それに応答できない

 

の2つの条件を満たすことで起きます

 

 

 

 

 

 

となると

 

どんなに下手くそな英語であろうと

 

ボディーランゲージをフル活用して

 

伝えることができれば

 

そして

 

日本人の特技「察し文化」によって

 

相手の意図を汲み取れれば

 

それは会話が成り立つ

 

つまり

 

「英語が話せる」状態なのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

…ちょっと強引すぎ?

 

 

 

 

 

 

 

まとめると

 

ここで僕が伝えたいことは

 

「英語が話せる」なんて

 

ゴールのないものを追いかけるより

 

話しちゃってください

 

 

言いたいことが言えない壁にぶつかれば勉強するし

 

聴きたいことが聴けない壁にぶつかれば勉強します

 

そんなもんです

 

だから

 

カタカタでもいいから

 

英語を話せるって言っちゃえばいいんです

 

不完全でもいいんです

 

 

 

 

 

僕の中国人の友だちなんて

 

一言二言しか話せなくても

 

I can speak English!!!

 

と、堂々としていました

 

 

 

 

 

 

 

結論

 

完璧主義を捨てて、

 

音読でもオンライン英会話でもなんでもいいから、

 

まずは「英語を話す」世界に一歩踏み出すこと

 

 

 

 

以上!

 

Go for it!

 

I'm behind you:)))