テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

デザイン思考で目を配る

最近読んだ本に

 

こんなものがあります

 

f:id:daiki_futagami:20200624183259j:image

 

ものが人の行動に与える影響のことを

 

アフォーダンス理論というのですが

 

それらを噛み砕いて具体的に書いてくれているものです

 

男子トイレの便器に的のマークがあるのもその一つだったり

 

 

 

実は気が付いていないだけで

 

世の中にあるものには

 

ちゃんと意図が含まれていることが多く

 

何かをデザインしたり作ったりするようになって

 

深いな〜と気づかされることがあります

 

 

 

最近は文字のフォントを気にするのですが

 

街の看板や駅の掲示物の多くは

 

○○○○体です

 

これ、わかりますか?

 

f:id:daiki_futagami:20200624184740j:image

 

そう

 

正解は

 

ゴシック体です

 

 

 

 

なぜかというと

 

ゴシック体は明朝体に比べて

 

視認性が高く、誤認性が低い

 

と言われています

 

要は、

 

見やすいよー、見間違えないよーってこと

 

f:id:daiki_futagami:20200624185224j:image

 

ぼやかしてみると

 

確かに、と思いますよね

 

 

 

 

ということで

 

文字に含まれるアフォーダンスについて

 

考えみたよ、という回でした

 

その他、色や大きさなども考えだすと

 

キリがなくて面白いです笑

 

ぜひそんなデザイン思考で身の回りのものを見てみてください