テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

サンフランシスコの現状

サンフランシスコでは

 

ホテル産業がピックアップされていました

 

現在の客室稼働率はわずか5%

 

通常の半額以下の料金を打ち出すホテルも多いそうです

 

僕もいったことがありますが

 

アルカトラズ島やヨセミテ公園など観光地が多くあり

 

かつ

 

GoogleやFacebookといった

 

大手企業がオフィスを構える都市でもあります

 

 

  

 

 

 

 

 

ですから

 

ホテル産業や賃貸産業が非常に栄えていると言えます

 

高級ホテルもたくさんあります

 

 

 

 

コロナ以前からの問題としては

 

そういった企業の参入による家賃の高騰

 

f:id:daiki_futagami:20200329195432j:image

 

この賃料です

 

それはホームレスが増えます、、、

 

 

 

コロナのパンデミックにより観光客の来訪はパタンと止み

 

ホテルの経営に大打撃

 

国が空室を買い取って医療従事者や

 

ホームレスといった人たちに貸し出すのが

 

サンフランシスコ全体にとっても

 

合理的な選択ではありますが

 

その後の風評被害を考えると

 

そのカードを切ることができないのもわかります

 

 

 

それとも

 

まだ公式に発表になっていないだけなのでしょうか

 

もし受け入れるにしても

 

秘密裏にやることになりますが

 

そういった情報は必ず漏れますから

 

リスクは大きいと言えます

 

f:id:daiki_futagami:20200329195702j:image

 

f:id:daiki_futagami:20200329195706j:image

 

日本も観光で食っているところが大きいわけですから

 

この事象から学ぶべきことはたくさんあります

 

自分は旅行業者じゃないから関係ないって?

 

違う違う

 

自分の産業だったらどうするか

 

それを考えるきっかけにしないと

 

いざ自分たちの身に降りかかったとき

 

すぐに動けませんよね

 

 

 

だからいつだって、何にだって

 

自分ごとで考える癖をつけておくといいのですね

 

f:id:daiki_futagami:20200329200206j:image

 

 

 

 

ニューヨークについてはこちら

 

www.tesol-teacher.work