テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

MENU

オンとオフ

_________________

公式LINE、はじめました^^

英語の学習法、英会話、留学などの情報を発信していきます♪ 登録はコチラから⬇

テソル先生の公式LINE

_________________

生徒たちに伝えていることで

 

これができたら必ず学力がつく

 

と自信を持って言える習慣が

 

オンとオフの概念をなくすことです

 

 

 

 

 

数年前に流行った

 

やる気スイッチという言葉

 

はっきり言って害でしかないと思っていて

 

これによって、やる気はスイッチのように

 

オンとオフであると勘違いする人が出てしまった

 

いやいや

 

そんなことはない

 

むしろ

 

レバーに近いから

 

100%オン

 

100%オフ

 

だけで考えられるものではない

 

 

 

 

 

平日は勉強モード

 

休日は遊びモード

 

それは全然構わない

 

でも

 

頭のどこかに常に勉強のことがある

 

ふとした瞬間に

 

「あ、この単語って語源〜なんだ」

 

「昨日勉強した数学の単元、今日ちょっと触れるか」

 

「第○次山縣内閣の象徴的な出来事はたしか〜」

 

と勉強のことが浮かぶ

 

とりわけ

 

勉強していなくても何か閃くことがあるよう

 

頭の片隅が常に勉強のことを考えているようにする

 

だって

 

受験生って、受験生の「プロ」にならないといけないからね

 

プロの作曲家は

 

仕事以外で良いメロディーが浮かんだら

 

ささっとメモって記録するでしょ

 

オンとオフがないの

 

同じ

 

プロの受験生、プロの学生なら

 

勉強仲間が常に頭の片隅にあるのが理想

 

そういう人ほど

 

やっぱり伸びる

 

 

 

 

毎日勉強すると決めて

 

それを、100%維持する

 

その方が楽なんだけど

 

そうじゃない道を選ぶ人が多い

 

もったいないよね

 

 

 

 

 

まっ

 

人は感情の生き物だから仕方ない笑