テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

メンタルは「質の高い情報」を取り入れる努力で安定させることができる

「精神的に安定してるね」

 

と言われることが結構ある

 

よく見てるなーと思いますが

 

実は努力をして安定させています

 

f:id:daiki_futagami:20200312120024p:image

 

 

僕らは「反応」してしまう生き物ですから

 

悪い方に反応しないよう気をつける

 

ないし

 

環境を選択することで

 

メンタルを安定させることができます

 

 

 

 

 

以前似たような記事も書いたのでよければコチラも

www.tesol-teacher.work

 

 

 

 

 

ポイントを1つ紹介します

 

僕がとにかく徹底しているのは

 

情報の質を高めること

 

です

 

 

 

 

 

 

そのためにやっている具体的なこと

 

①本を読む

 

②情報に惜しみなくお金をかける

 

③テレビをみない(もう4,5年はみてない)

 

 

 

 

本に関しては検閲が多く介入しているため

 

情報の質が保証されていますし

 

安価で今必要な情報が手に入り、バリエーションも豊富というのが何よりもよいですよね

 

オーディオブックなど、耳で学べる本もあるので便利です

 

 

 

 

 

 

ただ

 

ビジネス書などは

 

一経営者の成功物語、みたいのが多く

 

再現性があるかというと微妙なものもあり

 

かつ時間が経っていると

 

時代にそぐわない情報もあります

 

ですから、最近では

 

今、まさに、その人がどんな苦労をして、どんな工夫をして、どう知恵を絞って、困難を乗り越えていくか

 

そのストーリーをまるっと包み隠さず見られる機会にお金を投資していて

 

それがオンラインサロンです

 

特に、キンコン西野さんのサロンは

 

月額1,000円は安すぎるくらい学びがあります

 

ただ

 

本でもサロンでも、学びを行動に移せないと意味がないので

 

知識ばかりの頭でっかちにならないようにしないといけませんね^^;

 

 

 

 

他にも、

 

・有料note

 

・ビジネスオンデマンド

 

・DaiGoさんの有料チャンネル

 

・セミナーへの参加

 

などなど

 

 

 

 

23歳で学びをやめてしまう国、日本

 

という皮肉がありますが

 

飲み代に平気で5,000円とか出すのに

 

自分の成長のためのお金には

 

全然投資しない人、多いのが現実、、、

 

これは

 

~には●円まで出せる、…には●円まで、といったように

 

何に使うかによって、出費のハードルを変動させる心理が作用するためです

 

このあたりはこちらにも書きましたのでよければ

www.tesol-teacher.work

 

 

 

 

 

さて話をもどして、テレビに関して

 

これは広告モデルから紐解いて説明するとわかりやすいのですが

 

基本的にテレビ局の制作する番組は

 

スポンサーからの広告費でまかなわれています

 

したがって

 

スポンサーについてもらうためという歪んだ動機で

 

質が低く(口が悪い!)、下世話な(口が悪い!)、誰でも参加できるような「芸能人の不倫」のような

 

言ってしまえばどうでもいいニュースを流しまくるわけです

 

視聴率がとれさえすれば、ね

 

 

 

 

これはつまり

 

視聴者ファーストに見せかけた

 

スポンサーファーストの構造であるため

 

必然的に、人が反応しやすいネガティブな情報が多くなります

 

すると

 

心的ストレスを受け、人は無意識に購買意欲を刺激され

 

まんまとスポンサーのCMの商品を購入してしまう

 

という導線が設計されています

 

夕方のワイドショーで悲惨なニュースが流れる合間にもせっせと広告を挟むのには

 

こういった事情があるからなんですよね

 

 

 

 

こういった質の低い情報に触れることで

 

心が色々なものに反応し、気づかぬうちに疲れてしまい過敏になる

 

それを防ぐために、とりいれる情報の間口は吟味するようにしています

 

参考になれば幸いです♪