テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

ワニくんから見る情報リテラシーと反射的反応

100日後に死ぬワニ

 

ワニくんが天に召されました

 

あの、普通に悲しくて

 

そんな自分の心理状態に驚いています

 

 

f:id:daiki_futagami:20200321155754j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

 

100日間の連載を終えたきくちゆうきさん

 

終わった直後から

 

これは電通案件に違いない!

 

と騒いでいる人が一定数います

 

これ

 

信じている人多すぎじゃない?

 

 

 

 

 

 

おそらく、誰かの引用リツイートなどをみて

 

盲目的に信じてリツイート

 

その連鎖が起きています

 

 

 

 

これ本当に?

 

そう疑わなかった人の心理を読み解くと

 

 

 

リツイート、いいな数が多い!

なんでこんなに多いんだ!

おやっ、終わった直後にこのグッズ数?

おかしい!金儲けだ!拝金主義!!

何か裏がある!あっ、電通案件なの!?許せん!

 

 

 

この、に反射的に反応しているんですよね

 

自分で調べもせずに笑

 

 

 

 

昨日の時点で

 

電通から

 

きくちさんから

 

真意についての発表はないのに、です

 

※2020/03/21の時点で、きくちさん本人がTwitterライブでそのことについて否定しています

 

 

 

 

 

 

このことを分析したとき

 

「情弱は悪だ!!」

 

「フェイクニュースはクソだ!」

 

と特定の誰かを叩くのではなく

 

・フェイクニュース

・一次情報を信じてしまう人

・自分で調べようとしない人

・情報の真偽に関わらず反応する人

 

があること、いることを

 

僕らは知っておかなくてはいけません

 

 

 

 

その上で、

 

本当にそうなの?

と疑いを持つクリティカルシンキング

 

情報のソースは?

と自分で調べる行動力

 

 

この2つを持ち合わせる必要があります

 

 

 

 情報に関して関連記事を

 

www.tesol-teacher.work

 

 

www.tesol-teacher.work

 

 

www.tesol-teacher.work

 

 

www.tesol-teacher.work

 

 

www.tesol-teacher.work