テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

無責任な指導で生徒のやる気を削ぐ学校の先生がいた話

 

高等部・予備校の授業後に毎回、その日の共有をしている


昨日の授業後も、生徒一人ひとりの状況を踏まえて今後どのように指導するか


日付が変わる近くまで話し合った

 

f:id:daiki_futagami:20191115160746j:image

 

 

 

 


11月を過ぎると学校でも三者面談が始まる


学校は担任1人に40人近くの生徒がいて


全員を細かく見るのは難しい


だから


模試のデータ、特に志望校判定だけしか見ない先生も中にはいる

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に、模試のE判定だけをみて


「お前はここ受けるな」とか


「ここは無理だから下げろ」とか


無責任な指導を受けて気持ちを病み

 

勉強が手につかなくなり

 

学校に行けなくなってしまった生徒がいた

 

 

 

 

 

 

一体

 

なんのための三者面談なのか

 

 

 

 

 

 


生徒のやる気を潰す


生徒のモチベーションを下げる


生徒の希望を削ぐ

 

 

 


大して準備もせず、

 

無責任な言葉をかけないでほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験は人生がかかっていると言ってもいい


それくらいそこに思いをかけている人もいる


責任を持てないなら、リングから立ち去れよ


未来ある子供たちのためにも

 

 

 

 

 

 

 


非常強い憤りを感じた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EIMEI予備校でも三者面談が始まる


ここから、出願校の決定をしていく


日程だけを見て、いつ受けるか、どこを受けるかを決めてしまってはいけない

 


第一志望の受験日が


最高のコンディションになるよう調整が必要だね

 

 

 

 


すべり止めをどこにするか


受験日前後はどれくらいあけるか


受験会場はどこか


各大学各教科の出題傾向は

 

 

 

あげ出したらキリがないけど


出願校の日程は戦略的に組んでいかないといけない

 

 

 

 

 

 

模試の結果はあくまで模試の結果


本番ではない


ただ、これまでやってきた勉強の


効果測定


ができる

 

 

 

 

 

 

 


だから、方法がよくない可能性があるならば


それを見逃さないよう


各教科、各単元、どんなミスをしたのか分析が必要


これをしっかりやらないと


同じミスをすることになって


思うように力はついてこない

 

 


ここ、手を抜く人がたくさんいるんだよね

 

 

 

 

 

 

 


おれたちが見ているのは結果だけど


ただの数字ではなく


これまでの勉強を踏まえて


なにが結果に結びついて


なにが結びつなかったか


過程を踏まえた結果だ

 

 


そうじゃないと正しい指導が出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無責任な指導を受けて落ち込んでしまった生徒


その後は同じ模試を一緒に分析して


弱点をどう乗り越えるか


具体的な行動に落とし込んで


最後まで諦めることなく勉強し

 

 


結果、

 

 

第一志望合格を掴み取った

 

 

 

 

 

 

 


受験生はまだまだここから

 

 

 


第一志望、行きたいよね

 

 

 


合格、掴み取りたいよね

 

 

 


やれることを全部やろう

 

 

 


後悔を残すな

 

 

 


おれたちも頑張るよ