テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

アサーティブであろうという意識

最近よく耳にする

 

アサーティブという言葉

 

簡単に言うと

 

自分と周りを尊重した自己表現(主張)

 

と定義されています

 

 

 

 

生徒たちを含め

 

友だちや周りの人と話していて

 

つい「自分の思い通りにしよう」

 

としてしまうことがたまにあって

 

その結果誰かを傷つけたりしてしまうことに

 

なんだかモヤモヤしています

 

 

 

 

 

昨日ある先生と話していて

 

「だいきには本音が話せる」

 

と言ってもらって

 

その文脈の中で

 

とにかく相手のあり方を受け入れて

 

アサーティブなコミュニケーションをとったことが

 

自分の中で少し落とし込めた感じがしたので

 

なんとなくここで報告します笑

 

 

f:id:daiki_futagami:20200627141829j:image

 

 

ただ

 

バランスが難しいなーと思うのは

 

子どもたちを見ていて

 

間違った勉強方法などをしているとき

 

どう伝えるか

 

頭ごなしにやらせるのは僕らのやり方ではなく

 

自分がこうしよう!と思えるように導く

 

それが役割なのではないかなと

 

考えるわけですね

 

 

 

 

まあ

 

結果にこだわる以上

 

怒鳴って叱って強制してやらせる

 

のが一番簡単ではありますが

 

一番安易な方法だとも思います

 

そういう塾や予備校もありますが

 

僕らが選ぶ道ではないので

 

引き続き試行錯誤して迷いながら

 

目の前の生徒にとっての最善であろうと

 

努めていくだけですね