テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

集中するためにも工夫が必要

人は自分で思っている以上に

 

集中できないものです

 

小学生くらいの子どもであれば

 

年齢+1が集中できる分数とも言われています

 

 

 

 

大人でも同じで

 

スマホの通知音など

 

些細なものが集中を阻害します

 

仕事などでガッと思い切り集中するとき

 

勉強に思い切り打ち込むとき

 

何か工夫をしていますでしょうか?

 

僕がやっていることを紹介してみます

 

 

 

 

まず僕は

 

視覚学習傾向6

 

聴覚学習傾向4

 

の学習者タイプなので

(学習者タイプについては調べてみてください♪)

 

目と耳からの情報を絞らないとすぐに気がそれます

 

あとたぶん僕はADHDだと思うので

 

意識が分散しやすい傾向にあります

 

なので

 

イヤホンをつけて大音量で音を流す

 

焚き火や川のせせらぎなど

 

なるべく自然音をつけるようにしています

 

そしてスマホはドライブモードで通知を遮断

 

よし取り掛かるぞ!の前に

 

1-3分ほど目をつぶって

 

瞑想をします

 

この時、海の中に潜っていく自分を想像して

 

意識を一点に尖らせていきます

 

f:id:daiki_futagami:20200509115453j:image

 

呼吸を深く吸って整えて

 

よし、というタイミングで一気に作業をします

 

外からの刺激は徹底的に排除します

 

この集中モードの時に話しかけられるとめちゃくちゃイラつきます笑

 

話しかけないでください笑

 

 

 

 

 

ホリエモンが電話が嫌いなことや

 

DaiGoが読者の邪魔をされるとキレることなども

 

同じだと思います

 

それくらい集中モードに入るのには

 

時間と精神力を使います

 

 

 

 

そんな感じで作業効率を上げる工夫をしています

 

勉強でなかなか集中できない

 

ついついスマホをみてしまう

 

という人にとって

 

少しでも参考になれば幸いです