二神大輝(EIMEI予備校塾長)のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることが夢。旅行、料理、写真など趣味についても書いていきます。読みたい人だけ読んでね。

MENU

美術館

_________________

300日後にパパになる夫の日記

夏に産まれてくる子どものために日々葛藤する二神の日記を連続記事としてnoteのマガジンにまとめています。ぜひご覧ください!

二神大輝の公式note

_________________

先日、美術館に行った

 

昔から美術館が好き

 

何が好きかって言われても、よくわからない

 

だけど、好きなんだよね

 

 

 

 

 

企画展

 

ルーブル美術館展 愛を描く

 

愛について絵画に描かれる時代の変遷を見た

 

そもそも

 

生殖行動しかしない動物とは違い

 

人間は求愛行動やホルモンの分泌による脳内の反応を

 

「愛」という抽象概念にした

 

まず、ここが当たり前でないことに

 

改めて気付かされた

 

 

 

 

 

 

そして

 

その概念をキューピットとして描いたのが

 

愛の始まりだと言う

 

もうこれだけで元とれた

 

すげえ感動したもん

 

これね、一番最初の展示物

 

f:id:daiki_futagami:20230531021726j:image

 

 

 

 

 

愛は時代とともに変わっていく

 

神々の愛

 

キリスト教の愛

 

恋人たちの愛

 

家族の愛

 

官能の愛

 

悲劇の愛

 

もっと勉強したら

 

もっと楽しめたんだろうなと

 

勉強意欲が湧くのも美術館の良いところ

 

 

 

 

 

あと印象的だったのはこれ

 

f:id:daiki_futagami:20230531021959j:image

 

履き物が乱れているところから

 

見た人の想像を掻き立てるようになってて

 

これを愛の表現として展示するのか

 

というのに感服した

 

 

 

 

 

 

おれレベルだと

 

感動できたのはこの2点くらいしかなく

 

まだまだしょぼいなと思い知らされる

 

感動のポイントが浅いのは

 

背景知識の欠如と

 

技巧の知識の欠如

 

印象派が好きというより好み

 

からきている

 

 

 

 

 

 

これを機に考えたのは

 

人生の節目節目で

 

実際に生のルーブル美術館に行き

 

その都度自身の知識レベルや感動水準を確認したい

 

ということ

 

 

 

 

 

 

アートはいいなあ

 

本もそうだけど

 

作品とパフォーマンスが紐付いてない

 

見る人に委ねられている

 

静かな芸術作品が

 

本当に好きだ

 

f:id:daiki_futagami:20230531020957j:image
f:id:daiki_futagami:20230531020954j:image
f:id:daiki_futagami:20230531020947j:image