テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

高校生が前田メモの「抽象化➔転用」思考をしていて感動した話

昨日の高等部の授業で

 

情報リテラシーについて話をしました

 

www.tesol-teacher.work

 

 

すると中学から教えている一人の生徒がダダダッと走ってきて

 

「めっちゃ

 

わかる!!!!」

 

と。笑

 

 

 

 

将来航空関係の職につくことを目指してがんばるその子は

 

もう本当に本当に飛行機、特に戦闘機が好きで

 

月に1回は空港に行っては

 

飛行機の型番をノートに書き溜めたりしています

 

 

 

 

f:id:daiki_futagami:20200305143655j:image

 

f:id:daiki_futagami:20200305143658j:image

 

↑すごくない!?

 

 

 

 

 

飛行機の修理などで情報の行き違いが多いみたいで

 

それがまさに

 

情報の発信・受信の仕方

 

から起きるよう

 

 

 

要は、問題が起きた時に

 

★その概要だけしか伝えず、根本的な問題について触れずに伝達する人

 

☆表面的な情報だけ受け取って大事な部分は推測で(もしくは何も考えずに)処理してしまう人

 

の双方向の情報の取り扱いによってミスが発生します

 

 

 

それってコミュニケーションの問題じゃん?

 

と思うかもしれません、たしかにそれもあります

 

ただ、

 

情報の重要性、伝達する優先事項、不要なものの取捨選択など

 

総合して、情報の取り扱いという問題で括っておこうと思います

 

となると

 

★であれは、問題の原因を伝達するべきだし

 

☆であれば不透明な情報はとりにいくべきです

 

 

 

 

 

こういったコミュニケーション上の問題も

 

情報リテラシーという「在り方」が関係していて

 

それは個人に依存してしまうのが

 

なんとも難しいもんだなーと考えました

 

 

 

 

 

 

ただ、こういうのを考える機会が大事で

 

それをすぐにアウトプットして僕に伝えてくれた彼は

 

とても立派で、素直で、素敵だなあと

 

純粋に思ったんですね

 

 

 

 

僕はものごとを深堀りして考えたり

 

既存の知識と結びついたことを言葉にしたり

 

新しい発見を話したり

 

そういうのが好きなので

 

日々生徒たちと一緒に学んでいます♪