テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

「余白」のある授業とは何か

 

 

https://math-teacher-asuka.hatenablog.com/entry/2019/10/04/070000

 

 

うちの塾の数学科のトップ

 

村上飛鳥先生のブログ、『とある数学教師のつぶやき』

 

 

 

 

 

教師が常に、自問自答すること

 

それは

 

 

「生徒にとって価値のある授業とは?」

 

 

 

f:id:daiki_futagami:20191016145008p:image

 

 

 

 

 

この記事のタイトル

 

あくまでも主体が

 

「生徒にとって」

 

であることが、素敵だなと思った

 

 

 

 

授業の腕を磨いていくうちに

 

時に自分よがりな授業になってしまうこともあると思う

 

だけど目的はいつだって

 

「生徒ありき」であることを忘れてはいけないね

 

 

 

 

 

飛鳥先生の記事では

 

「余白」を大切にする

 

とあり、僕も共感した

 

 

 

 

「余白」とは、

 

生徒が考える余白

 

生徒が悩む余白

 

生徒が自分で行動する余白

 

 

 

 

 

 

 

この「余白」はすべて、生徒たちの成長のため

 

自分から行動するフックになっている

 

 

 

 

 

 

 

ボタンがあれば押したくなる

 

そういった、

 

子どもたちの好奇心をくすぐる

 

子どもたちの行動性を引き出す

 

子どもたちが自発的に取り組む

 

 

 

そんな授業を作っていきたいね

 

 

 

 

 

 

以前の尖った記事はこちら笑

 

 

daiki-futagami.hatenablog.com

 

 

daiki-futagami.hatenablog.com