テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

先生としての「共感性」について考えた

_________________

公式LINE、はじめました^^

英語の学習法、英会話、留学などの情報を発信していきます♪ 登録はコチラから⬇

テソル先生の公式LINE

_________________

 

 

TwitterやインスタなどSNSのいいね

 

「なるほど!」と思える説得力のある話

 

 

 

「共感性」が高いものについつい引き寄せられてしまう

 

 

突き詰めれば、相手の気持になって考えているかどうか、なのではないかと思う

 

 

 

f:id:daiki_futagami:20191005114801j:plain

 

 

 

 

 


例えば

 

 

勉強でも「できなかった時期」があるのは当然で、

 

徐々に出来るようになるにつれて

 

できるようになる喜びに上書きされて

 

当時の苦しみとか、悩みとか

 

忘れてしまう

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

先生でも、科目が得意だから先生になるのはわかるけど、

 

苦手な生徒の気持ちに寄り添えないと

 

 

「なんでこんな簡単なものができないの?」

 

とか

 

「誰だってできるでしょ?」

 

とか

 

無意識に

 

傷つけてしまうことや

 

無慈悲な言葉を

 

かけてしまう可能性がある

 

 

 

 


「できないこと」は悪いことではない

 

「できないまま」にしておくことがよくない

 

 

 

 

 

だから

 

どうすれば現状を改善できるか

 

その子の気持ちに立って

 

その子にあった改善策を考えて

 

一緒になって悩んで、苦しんで、

 

乗り越えていく後押しをする

 

そんな教師でありたいと思う

 

 

 

 

 

 

そして

 

「できない時期」を忘れないために

 

定期的に新しいことに挑戦して

 

だめな自分を認識するように心がけている

 

日々打ちのめされています笑