テソル先生🌐二神大輝 のブログ

【早く大人になりたーい!】子どもたちがそう思える社会をつくることを夢に掲げ、日々生徒たちとガチンコ勝負してます!旅行、筋トレ、動画編集、写真、外国の方とお話するのが趣味です。

AO入試の合格の㊙テクニック大公開!!~その1~

 

 


AO入試とは

 

 

「やる気入試」であり

 

「マッチング入試」である

 

 

 

これが前提

 

だから、

 

やる気があっても、やりたいことがマッチしていなければ落ちるし

 

やりたいことがマッチしていても、やる気が感じられなければ落ちる

 

 

 

 

 

ただ、やる気というのは抽象的で、

 

どう表現して良いのか悩んでいる生徒も多いはずだ

 

ここでは合格を掴むための㊙テクニックを紹介する

 

 

 

f:id:daiki_futagami:20190927160633j:image

 

 

 

 

 

課題を読み込む

 

当たり前かもしれないが、

 

これをきちんとやっていない人は多い

 

何を書けば良いのか、

 

小難しいことが書かれていると、

 

それを熟考せず

 

「自分の頭で勝手に解釈して」

 

「書きたいこと」

 

を書いてしまう

 

求められていることを正確に読まなくては、

 

想いも何も伝わらない

 

 

 

 

 


例えば


立教大学観光学部の自由選抜入試

 

課題のひとつはこうだ

 

観光関連産業の経営を継承しようと決意した経緯・理由と、観光関連産業の経営を通じて社会に貢 献しようという意欲を説明し、その意欲をどのように実現しようと考えているのか、その具体的な 構想と課題を 3,000 字程度の文章にまとめてください。なお、継承しようとする企業・組織の名称 と概要を課題作文中に明記してください。課題作文に書かれた内容・論理的構成力・文章表現力な どを総合的に評価します。

※立教大学HPより抜粋

 

 

まず内容を理解するのがむずい、、、笑

 

 

 

 


ここでのポイントは

 

・観光関連産業の経営を継承しようと決意した理由

・社会貢献の計画と意欲

・具体的な企業名

 

の3つを書くこと

 

当たり前だけど、

 

これが書いていないと大幅減点、もしくは失格

 

 

 

 

評価基準は

 

・内容

・論理的に書かれているか

・文章がまともか

 

このあたり

 

 

 

 

つまり

 

おさえるところをちゃんとおさえて

 

道筋立ててちゃんと書けよ

 

ってこと

 

 

 

この条件に満たず、いきなり足切りを食らう人もいるから、

 

まずは落ち着いて課題読んで

 

やることちゃんとやろうね

 

って話です。

 

 

 

 

その2は後ほど!